Warning: date() expects parameter 2 to be long, string given in /home/users/0/lolipop.jp-dp49117675/web/blog/utils.php on line 590
中央歯科・口腔外科クリニック 院長のブログ
Today: Yesterday: Total: Online:
| Top | Archives | SendAddress | Image Gallery | Admin | 中央歯科・口腔外科クリニック |
<< 2018.2 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 
COMMENTS
TRACKBACKS

April 01, 2010

院長への質問 ID:1270047601カテゴリー »

普段から良くある質問なのですが、なかなか個別に対応出来ない事がありますので、
良くある質問を抜粋してお答えいたします。

1、先生が歯科・口腔外科の専門医師になられた経緯を教えてください

学生時代から噛み合わせに興味をもち、顎関節症という疾患の発症原因や関節構造を学ぶために卒後に口腔外科大学院に入りました。そこで、後輩の仕事の手伝いを経て結果的には20数名の学位論文のテーマ授与や指導を行うことになりました。当然、講師や助教授として学生教育も行ったのですが、臨床に直結した仕事に常に携わって自然に専門医となりました。

2、「アゴ」の専門医とお聞きしましたが貴院ではどういうことをなさっているのですか

大学教員の時に顎関節、顎変形、顎顔面インプラントなど、機能形態系顎骨口腔外科を中心とした分野の科長だったので、ヒトの顎の動きや形、機能を回復させる大きな意味での再建を行い、痛みや動かしにくさ、不快感をなくすための治療を行っています。

3、顎変形症という病気はどういうものなのですか?

様々な要因によりアゴの成長が過剰であったり、逆に劣成長であったりして変形を来たし、受け口や出っ歯、顔の非対称になったりします。遺伝的なものから、腫瘍や事故の影響、など原因は様々です。手術によって骨格を正しい位置に直すことで、歯並びを治すことや呼吸、口の中の環境を健康な状態へ導くことができます。咀嚼障害という病気の治療であり、健康保険の適用が受けられ、治療に伴って歯科矯正が必要な場合でも限られた施設では保険が使えます。

4、入院施設があるとお聞きしましたがどういう方が入院なさるのですか?

大部分が全身麻酔が必要な、術後管理が必要な方々です。顎変形症手術や全顎的なインプラント治療が必要な患者さんが対象となります。保険治療では安易な入院で現状の保険行政に負担を及ぼさないように、短期入院に心がけています。


5、先生がクリニックで一番大切にしていることを教えてください。

一言で言えば、プロフェショナルです。妥協せずブレない。天・地・人、巡り合う患者さんにホスピタリティ、ヒューマニティ、アメニティを感じられるクリニック造りを、医療に対しては専門医だけが行える安全、信頼、効果高い治療を提供するという理念を大切にしています。

Up — posted by 院長:下田 恒久 @ 12:00AM

July 02, 2007

歯科インプラント治療について その ID:1183351997カテゴリー »

インプラント法について、色んな形で
情報収集なさっている患者様もいらっしゃいます。

今回は下記の質問について
お話します。


Q5: 即日インプラント法という宣伝について説明してください。

即時負荷のインプラントという方法も報告され始めました。
ポルトガル・リスボンのマロという先生が提唱した
総入れ歯の患者様専用の歯科インプラント治療法です。

骨が厚く量もタップリの欧米人で提唱されている方法です。
アジア人には一般に不向きですが、
下アゴの総入れ歯の患者様には応用できる場合があります。

決して、多くの患者様が受けることができる方法ではありません。
骨の治癒の三原則として、
\杏、固定、0太邸陛正な時期の微細な刺激)が
重要とされています。

この応用として、4本以上のインプラントを埋めて同時に固定し、
術後から、“わずかな刺激”を与え続けることで、
骨折を早く治してしまおうという考え方です。

本法が可能な方もございますので、
費用は余分にかかりますが、ご納得の上でお話をお聞き下さい。

骨治癒の改善のためには、
電気的な刺激や高圧酸素等も応用されています。

Up — posted by 院長:下田 恒久 @ 01:53PM

June 29, 2007

歯科インプラント治療について その ID:1183076898カテゴリー »

様々な状況下の中で色んな問題を持って
治療したいとお考えの患者様が多いようです。

また、治療にあたっての不安をお持ちの方々のために
今日は、この質問にお答えいたします。

Q4: 誰でもが希望すれば治療を受けることが可能ですか。

歯科インプラント治療を希望する患者様の多くは、
口腔内の環境が優れた状態ではありません。

事故で歯を失った方も含めて、歯を喪失するに至った
口腔状態の方々では、骨の量や質に問題を
抱えた患者様が多いのは事実です。

しかし、口腔外科的な専門的トレーニングを
専門医が取れる程度の期間(7年以上程度)に
わたって受けた人であれば、
アゴの土手の高さがない人でも、幅がない人でも、
希望する部位の骨の量を回復する方法を
用いることができます。

治療期間が長引いたり、費用が余分に必要な
場合もありますが、厚生労働省が認定する
専門医(口腔外科専門医)にご相談下さい。

Up — posted by 院長:下田 恒久 @ 09:28AM | Comment (6991)

June 26, 2007

歯科インプラント治療について その ID:1182843966カテゴリー »

今日は、治療について具体的にお話いたします。

Q3: 実際の治療はどのようにするのですか?

一般に歯科インプラント治療とは、麻酔下にアゴの骨の中に3-4mmの
小さな穴を開け、微細な骨折部に様々な表面処置を
施したチタン製のナットを埋め込み、
その中に肉が侵入しないようにプラグを装着します。

そして骨折が治ったころに、
歯茎の中のナットにボルトのような上物を付け、
それに歯の部分を装着する方法です。

つまり、人工的に骨折を起こすわけですから、
治療には治癒期間が必要です。

今では最初にナットを埋めてから14-20週程度、
骨と結合するまで治癒を待つのが推奨されています。

一本、一本のインプラントでは、
この原則を必ず守らなければいけません。

つまり、原則を守って処置を行えば、
決して難しい治療法ではありませんし、
高い成功率が得られる確立した治療法なのです。

患者さんによって生えている方向や根の形が違う歯を
抜くことに比べれば、
骨の量が十分な患者様では既成の小さな穴を
開けるだけですから
技術的にも困難ではありません。

また患者様の外科的な侵襲も多くはありません。

Up — posted by 院長:下田 恒久 @ 04:46PM

June 22, 2007

歯科インプラント治療について その ID:1182479308カテゴリー »

今日は、下記の質問にお答えいたします。

Q2:歯科インプラントとはどのようなものですか

インプラントの歴史も含めてご説明しましょう。
失われた歯を抜いた歯や石、象牙で補ったという報告は
古代エジプトや中国でも残されています。

1800年代になると、金属が2−3年の耐用期間で使われ始め、
1900年代になると様々なデザインの歯科インプラントが
開発され始められました。

その後1950年頃に、ブローネマルクという先生が
チタンを使った歯科インプラントの実験を始め、
1965年に骨とインプラントが完全に結合する(骨統合)
という報告を行ってから、
歯科インプラントは成功率の高い治療法として、
新時代を迎えることになったのです。

当時でも、90%程度の成功率が得られたので、急速に普及し、
それ以外のインプラントの方法は無くなってしまいました。

現在では、リカバリー手術が必要な場合もありますが、
ほぼ全て患者様の治療が成功する治療法となっています。

つまり、歯科インプラントは50年近くの歴史が証明する、
安全で成功率の高い治療法であり、
最も確立した人工臓器なのです。

Up — posted by 院長:下田 恒久 @ 11:28AM | TrackBack (0)